たっぷりの泡でゴシゴシ擦らずに洗おう|乳児湿疹の原因と対処法

赤ん坊

赤ちゃんのお肌のケア

乳児

石鹸で洗う時は泡で優しく

赤ちゃんにできる湿疹のことを乳児湿疹といいますが、色々な症状があります。まぎらわしい症状にアトピー性皮膚炎がありますが、素人では判断が難しいので専門医の診察を受ける必要があります。赤ちゃんの肌はデリケートなので乳児湿疹ができやすいのですが、ケアの方法を工夫すれば発症を抑えることができます。例えばおふろで洗う時はゴシゴシこすったりしないで、石鹸の泡でやさしく包み込むように洗います。赤ちゃんの肌はとても柔らかいので、ゴシゴシこすると肌の組織を痛めてしまいます。また赤ちゃんはとても汗をかくので、こまめに拭き取ってあげることが大事です。その時もガーゼなどでやさしく拭き取るようにします。熱があってお風呂に入れない時は、濡れたガーゼで身体を拭くようにします。

爪切りと肌の乾燥を防ぐ

乳児湿疹の原因でよくあるのが、赤ちゃんが自分で肌を引っ掻いてしまうことです。引っ掻いた箇所から菌が感染してしまうのです。そうしないためには赤ちゃんの爪をいつも短く切っておくことです。引っ掻き傷が化膿すると大変なので、爪に気をつけることはとても大切なことです。また肌の乾燥も乳児湿疹の原因になります。特にお風呂から出たあとは肌が乾燥しやすいので、すぐにベビーローションやクリームを塗って保湿してあげます。大人でも肌荒れの原因は乾燥なので、赤ちゃんはなおさら気をつける必要があります。ベビーローションの刺激が強すぎるのも乳児湿疹の原因になるので、低刺激の製品を選ぶように心がけます。赤ちゃんは言葉で訴えることができないので、親が注意深く見てあげることが予防になります。たっぷりの泡でゴシゴシ擦らずに洗いましょう。

購入する前に考えてみる

眠る赤ちゃん

出産のために里帰りをする場合のチャイルドシートに関してはレンタルをするという方法もあります。チャイルドシートの価格はかなり高額なため、購入する前に後悔しないように商品選びをしなければなりません。自治体によってはレンタルや購入支援制度があるところもあります。

Read More..

お得なレンタル活用術

赤ちゃん

ベビーベッドを購入する前にレンタルをするという方法もあります。レンタルすることで自分達の生活に合ったものなのかなどを事前に見極めることが出来ます。ベビーベッドを使うことで、育児グッズの収納が出来たり、つかまり立ちし始めた赤ちゃんを危険から守るというメリットもあります。

Read More..

赤ちゃんの水分補給

水筒

赤ちゃんの水筒は、成長に合わせてサイズや飲み方が変わってきます。子供が使いやすい事が大切である為、ワンタッチオープン式の物など状況に合わせて選ぶ事が必用です。また口が広く作られてる物を選べば、洗いやすく衛生的に水筒を使用する事ができます。

Read More..